麻薬の抗うつ薬が原因でうつ病に。疲れやすいのも。なぜ悪事は続くのか?

覚せい剤・麻薬と同じ成分の抗うつ薬。

うつ病は抗うつ薬が原因。

 

疲れやすいのに

 

これをしたら

 

大変なことになるだけ。

 

 

これが真相。

 

僕もそうだったが

 

あなたも悩みがある

 

そして問題も抱えている。

 

 

疲れやすい状態。

 

これに治療と騙しては薬を売るだけ。

 

 

原因は他にある!精神科・心療内科の対策とは依存症になるだけ。

僕もだが

 

仲間たちも反省をしていた。

 

 

「疲れやすいから危ないあれをする。」

 

 

とんでもないことをしていたのだから。

 

 

正直、逮捕されていても

 

おかしくなかった。

 

 

 

うつ病は薬害。

 

これとは別に原因がある。

 

 

 

幸いみんな必死で治る方法で治ったからよかったが。

 

 

 

気分が優れない。

 

やる気がしない。

 

疲れやすい。

 

 

誰でもがこうしたことはある。

 

 

しかしそこで

 

精神科・心療内科の受診をしてしまうと

 

 

薬物依存症になる。

 

 

うつ病という名称は

 

つくられた病気。

 

 

精神疾患とはそういうもの。

 

 

 

当時はなぜ体調が悪くなるのが続くのか。

 

疲れやすいから体が重い。

 

 

疑問だった。

 

 

 

デイケアにいくと

 

 

他の被害者たちも

 

同じ状態だった。

 

 

彼らはもう終わったが。

 

 

 

カウンセリングやチェックリストなどもそうだが。

 

客観的なのがない。

 

 

 

こういったのは基準をごまかせばいくらでもできる。

 

 

理由は詐欺。治りかけは治療をやめることから。

結局は彼らはこれが理由で亡くなった。

 

うつ病ではなく。

 

 

たしかに飲み続けていると

 

疲れやすいのもだが

 

 

過剰摂取で心も体も壊れる。

 

 

そして死亡する。

 

 

 

僕は治りかけのときに

 

油断をしないで本当に真剣だった。

 

 

治療という詐欺ときっぱりと決別した。

 

 

 

下手に行ってしまうと

 

また手を出してしまう恐れがあった。

 

 

 

実際に仲間の一人がしている最中に

 

 

行ってしまい

 

臨床心理士に

 

騙されてしまった。

 

 

 

彼は二回の断薬をすることになった。

 

 

 

よくニュース番組で

 

使用者が手錠をしている。

 

 

彼らの状態を考えるとわかる。

 

 

疲れやすいのも

 

使えばなるのが常識。

 

 

 

そしてうつ病という話を信じていると

 

人生が台無しになる。

 

疲れやすいどころか。

 

 

 

犯罪の内容は

 

事件を起こしてしまい刑務所に入る。

 

 

車の運転中に意識を失う。

 

人の列に突っ込む。

 

無差別殺人。

 

 

家族に暴力をふるう。

 

急にキレて叫ぶ。

 

 

そして

 

幻覚が見える。

 

幻聴が聴こえる。

 

混乱している。

 

パニック障害。

 

妄想症がある。

 

 

など。