うつ病の人と付き合う危険性とどうすべきか。「白い粉」の常用者である事実。

うつ病があるという人は薬物中毒者です。
付き合うとしてもヤクをやめることが必要です。
うつ病という人と付き合う前に
断薬をするのが本当は望ましいです。
抗うつ薬など向精神薬の成分は麻薬と同じです。
らりっているのです。

 

今回はそういった
薬物依存症に知らずになってしまっていながら
うつ病だから、病気だから

精神病だからと自覚がないで話す人と
付き合う人はどうしたらいいのか?

についてお伝えします。

 

うつ病の人と付き合う危険性とどうすべきか。存在しないもの。

うつ病という相手が女性でも男性でも付き合う
には気を付けることがあります。

うつ病というものはないです。
薬害です。
精神科医や臨床心理士に騙されているのです。

ヤクがきれると気分が悪くなる。
体調も悪くなる。
頭がおかしくなる。

 

逮捕者された有名人を思い出してください。
同じ状態です。

 

まずそのうつ病と話している相手が
ヤクをやめる考えがあるのか?

メールも使い確認をすることです。
それまではほっとくのもありです。
変にかかわると巻き込まれてしまい
大変なことになります。

 

うつ病の人と付き合う危険性とどうすべきか。本人が行動をするのか?

そして
うつ病というのを名称を忘れることができるのか?

本人が問題を片づけているのか?
人間関係や環境、
自分の健康の問題点、だらしなさ。
自己中心的な性格など。

薬をやめるだけでは直る治ることはないです。

 

付き合う人はまずはここからの確認をしていくことです。

きちんと本人に説明をして
本人がうつ病というのが実はないもの。

薬害と自覚をする。
そして実際に反省をして
治るために見直しをしている。

減薬、断薬をするのもためらわない。

 

これでしたら支援するのもできます。

サポートをできるかできないか?

できるのだったらいいのですが。

 

うつ病、統合失調症(精神分裂症)、不安障害など
ニュースになる逮捕者よりも大変です。

まず何をしているのか
してはいけないのをしているという
自覚をしていないのです。

刑務所に入る人たちは少なくても
していること自体の自覚はしています。

 

そしてさらに。
薬物をやめる以前に
本人が問題を直す、治すのに行動を実際にするのか?
それとも大変そうだからとやらないのか?
行動をしたとしても少ししたらすぐにやめてしまうのか?

逮捕をされた薬物中毒者たちよりも治るには大変です。

 

うつ病の人と付き合う危険性とどうすべきか。もうあきらめた?縁を切る?

支援ができない場合もあります。

疲れた。
面倒。
寝てばかりでみていてイライラする。

 

もうあきらめた。
縁を切るほうがいいのか?

 

こう思うときもあるでしょう。

またうつ病ということでは接し方をどうしたらいいのか?

 

たとえば

友人がうつ病。
職場の同僚がうつ病。
家族がうつ病。
恋人がうつ病。

こうしたこともあります。

 

基本的には

本人がうつ病と言っているのを

やめるのか?

 

精神科医はクズ。
臨床心理士もクズ。
精神科・心療内科・デイケアのスタッフたちもクズ。

 

こういったことを実際に口にしているのか?

まずは薬害の自覚をしないといけません。

 

よくサイトやブログである
うつ病に言ってほしい言葉。禁句。

忘れることをおすすめします。

 

うつ病の人にやってはいけないことは

甘えを助長させることです。

厳しくすることです。

そうでもしないとできないことです。

 

いつまでも
うつ病だからという人。
僕は悪くない。
他が悪い。

精神障碍者だから。
被害者だから障害年金も受給するのが当たり前。

こうした考えの場合が多いです。

 

ある程度の期間は自覚をさせるのに
説明をするのはいいのですが。
それでも自覚がない場合は
もう支援するのはできません。

 

うつ病の人と付き合う危険性とどうすべきか。行動をしていたら支援を。

一方で

しんけんに取り組む人たちもいます。

多くはないですが。

 

大抵は依存症と一度は自覚しても

言い訳をしてやらないことが多いです。

 

うつ病という人と付き合うには
本人が治すためにしているのか?

精神科医の治す詐欺と決別をしたのか?
臨床心理士もクズでお金の無駄遣い。
精神科・心療内科・デイケア・カウンセリング代金。
高い支払いを要求するだけの
クズたちと自覚をしているのか?

 

支援をするといいましても
無条件ではできません。
サポートを受けるほうも甘えはないのか?
治したいと言っていても

口だけではなくて行動はあるのか?