うつ病で動けない。仕事ができない。治療でなる裏事情。

うつ病で動けないのは薬害です。
辛いことがあった嫌な気持ちに劇薬をして治るいった間違いが原因です。

成分は抗うつ薬は覚せい剤・麻薬と同じです。

嫌なことがあったから使ってはいけないのを
使い忘れる。

これは刑務所に入った人たちと同じことをしているのです。

例えば
仕事ができない。
学校に行けない。

状態にもなります。

 

今回はお伝えするのは

こうした詐欺による被害の実態。
そこからどうすればいいのか?

 

なぜ鬱病、躁うつ病になるのか?

なぜ鬱病になるのかは体に耐性ができるからです。
最初にクスリで気分を上げることをしても
次には体のほうで異常と察知をして気分を下げます。
ここで最初のときよりもさらに下げるのです。
うつ病はつくられたものです。

 

躁うつ病も同じです。
気分がさらに下がる。
ここで覚せい剤と麻薬で
上げる、下げるをする。
これでバランスを取ろうとしても
うまくはいかないのです。

そうするとある時は気分が高い。
ある時は気分が低下している。

 

最初からこうしたものを使わなければ
ならないのです。

 

つまり元々わたしたちが抱えているものは
精神疾患や精神病と呼ばれるものではないのです。

これはこれで別の方法で治す。

精神科医が原因で薬物依存症です。
この症状を精神疾患と呼んでいるのです。

 

向精神薬漬けになり動けない体調にさせられてしまう。
しかもうつ病も抗うつ薬など向精神薬で発症する。

「覚せい剤・麻薬」を
安全なおクスリ、
向精神薬といわれて飲むから。

 

うつ病で動けない時が増えていく。

そのたびに治療?

症状が進行しました。

おクスリの追加?

頓服?

強さが強いのに変更?

 

こうした対処は

最初に抗うつ薬といって覚せい剤の処方をします。

私たちは知らずに抗うつ薬も向精神薬も飲み続けます。

 

精神科医も心理カウンセラーも

「安全なおクスリです。」

 

そして依存症になってしまいます。

 

そして

 

「おクスリは一生飲み続けるものです。」

「寛解を目指しましょう。」

 

そして

 

「うつ病の治療で躁うつ病にもなって動けない時が増えていく。」

「頭がおかしくなる。」

「うつ病なのかどうなのかわからないけど、動けない。」

「鬱病で動けないから仕事もできないなにもできない。」

「躁うつ病にもなってしまった。しかも動けない。」

 

これにはまってしまっている人たちが大変多いです。

 

知恵袋だけでも多くの被害者たちがいるのがわかります。

精神科医の向精神薬や睡眠薬が原因で大変なことになります。

 

うつ病だからと言われてだるいのもですが、
なぜかつかれやすいですのも。

 

さらにうつ病の治療を開始で
眠いのもですがだるい時もあって動けないときもあります。

 

動けない時の間違った対処でさらに状況は悪化へ。

精神科医を信じていると早死にをすることになります。

かつて自分が精神科・心療内科にいたときに

彼らは次々と亡くなっていきました。

彼らは動けない時に

精神科が改善するのを期待してしまいました。

こうして間違った対処をしてしまい。

状況の悪化をしていき亡くなりました。

 

亡くなりたくない。うつ病とは詐欺。方法はある!

 

 

うつ病もそして動けないのも向精神薬でなります。

精神科医の向精神薬や睡眠薬が原因です。

うつ病も
騙されてだるいのです。

そして動けないのがあります。

そうです、精神科医の向精神薬、睡眠薬が原因です。

 

最初は実は
あなたは割と現在と比べると軽いです。

思い出すとわかるのですが
あきらかに体調が重くなっていっています。

最初からうつ病?体が動けない?

いいえ。

精神科・心療内科に行きだして

診察・診断があり治療が始まると

うつ病も動けないのも始まります。

 

最初によくあるのは、
ネガティブな感情。

疲れている。
気分がすぐれない。
物事がうまくいかない。
周囲に悪質な人たちがいる。
自分の性格が自己中心的なので周囲とぶつかってばかり。
会社にいったら上司のセクハラ、パワハラ、マタハラなど犯罪行為。
学校にいったらいじめという犯罪がある。先生が盗撮をしていた。

 

など。

 

このあと何かの広告を見るか
事実を知らない人にすすめられたりもします。

また精神科や心療内科にいくものだという
話が雰囲気がつくられてしまっています。

 

これであなたも精神科、心療内科にいってしまいます。
そして精神科医や心理カウンセラーにいってしまいます。

このあとに
病名がでたらめにつけられて、
抗うつ薬や向精神薬を飲めばよくなるといわれて。

嫌な気分を薬物でラりって忘れるだけ。

問題は残ったままで。

 

薬で頭が・・・

うまく考えられない。

困った。

心理カウンセラーのカウンセリングをうけることにもなり。

心理カウンセラーは何もできないです。

 

愚痴を話して。

具体的に
盗撮をしている先生を逮捕する?

できません。

 

警察がすることです。

 

延々と愚痴を心理カウンセラーに話しては

よさげなことをいったり肯定する心理カウンセラー。

そしてデイケアもあります。

 

甘えてしまう環境。
だらけてしまう環境。

堕落をします。

体調もわるくなっていきます。

うつ病なのかも統合失調症なのか
精神病が何かもわからなくなり
体も動けない。

 

軽い症状だったのが重くなり

クスリもふえていきます。

 

心理カウンセラーに支払うお金も高額で
ものすごい負担になります。

お金の無駄遣いとわからないままに
すがってしまい。

しかしもともとあった問題はなくならずに

かえって問題がふえていきます。

おかしいですよね?

 

うつ病、動けない、知恵袋などにある様々な被害とは?

うつ病、動けない。寝たきり。

精神疾患は薬物依存症です。

知恵袋など様々は被害の数々はどれも

逮捕をされた人たちと同じ症状です。

残念ですが詐欺です。

 

精神科医の向精神薬、睡眠薬が原因で
事態は大変なことになってしまいます。
うつ病で動けない。
でもこれはまだいいほうといえます。

しばらくすると物忘れ。

最悪の事態は

薬物の過剰摂取で死亡。

認知症になる。

 

ここですべてをうつ病だから動けない、
精神病、病気だからと
毎回騙されているのです。

 

だるいのもですが頭痛、微熱がある時がよくあります。
下痢に便秘も。
顔色も黒くなり。黄色くなり。

 

こうしたことに対処するには、
自分が飲んでいるのは毒物。

精神科医も心理カウンセラーも精神科・心療内科の職員も
クズでお金の無駄遣いと
自覚をすること。

 

クスリで問題はなくなりません。

ラりってわからなくなっても
一時的なごまかし。

 

そのあとは依存症。

禁断症状、

再発。

 

こういたネガティブな感情は
何か問題があるから
あなたにも私にも知らせているのです。

これであなたもそうですが
何か問題があることに気づきます。

そのときに問題をなくす。

そうやった状況をよくしていく。

状況がよくなりますと、

問題を解決すると
こうしたネガティブな感情もなくなります。

 

クスリでは問題はなくなりません。

まったく関係がありませんから。

 

またここで気を付けないといけないことは

心理カウンセラーです。

意外と見過ごされがちですが。

心理カウンセラーのカウンセリングというのも
害そのものです。

 

何か問題があってもほかの人に問題を解決することはできません。

それをできるといっては心理カウンセラーも騙しているのです。

精神科医と共犯で騙して

危ないクスリを売りつけているだけです。

 

心理カウンセラーは助言もできません。

心理カウンセラーは経験していないのです。

そういった体験もですが仕事も家庭も。

私たちはそれぞれ違うので問題も違ってきます。

未経験のまったく知らない人が助言をしているのです。

それで高額な請求をしているのです。

何もできないのです。

 

景気が仕事が?

心理カウンセラーに景気をよくすることはできません。

クスリで景気はよくなりません。

できないのをできるといっているだけです。

 

精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングはお金の無駄です。

問題を解決するためにお金は使いましょう。

 

パワハラ上司がいる?
セクハラ?
マタハラ?
盗撮する先生?
いじめ?
体調がよくない?

 

体調の回復、転職費用、引っ越し費用に使いましょう。

 

 

精神科医の向精神薬、睡眠薬が原因なのはあきらかです。
そして共犯者の心理カウンセラーが

クスリをするように誘導する。

こうしていいように毎回
うつ病、統合失調症だから、
精神病だからと騙されてしまっています。

症状が進行しました。

併発しました。

おクスリを。

 

騙されてしまって。

うつ病にさせられて

体が動けない。

躁病、躁うつ病、双極性障害になったらしい?

依存症。

そしてもともとの問題はクスリとはまったく関係がありません。
かえって精神科医の危険なクスリで
頭がおかしくなります。

 

こうしたことは
よくある精神科医や心理カウンセラーなどの説明では

うつ病が悪化したから、
精神病が悪化したから、
などと言われますが。

これはすべてが嘘です。

またネット上に無数にあるサイト、広告やチェックリストは

宣伝です。

あなたの支払ったお金で
精神科・心療内科はこうした宣伝活動もしているのです。

被害をこれ以上拡大させないために
こうした精神科医やカウンセラーと名乗っている
詐欺師にはお金がいかないようにすることが大事です。

お金がいかなくなれば仕事がなくなり
そういった存在自体がなくなります。

 

 

うつ病で動けない。
やらせ。
クスリで治るといわれてしまい
したらおかしくなる。

 

治るには原因が何かを知ることです。

その原因は意外なことに

精神科医や心理カウンセラーにあるのです。
人助けと称しては騙しているのです。

まずは事実関係を理解することからです。

そして自分が抱えている問題もあります。