うつ病の若者。うつ病は詐欺師たちに作られた病気です。

うつ病の若者の増加。
これは薬害です。
問題があり困る。
そこに精神科医が覚せい剤・麻薬の
抗うつ薬など向精神薬で

治療といっては

薬物依存症にして

追い込んでいきます。

 

うつ病の若者。自作自演の詐欺の被害者。

若者のうつ病の原因は

薬を売るだけのためです。

若者のうつ病の統計も

あてにはならないのです。

支援するといっては

病気を作り出しているのです。

病院。クリニックが経営している
精神科・心療内科
臨床心理士のカウンセリング。

すべての高いお金の無駄遣いが
こうした詐欺師たちが盗んでいるのです。

 

作業場、

支援センター、

就労支援、
サポートステーション、

グループホーム、

 

こうしたのも本当はないのが

正しいことです。

 

若者もですが誰でもが

うつ病なる危険があるのです。

 

若者だけではなく
うつ病の症状は

薬物依存症です。

 

うつ病の若者。追い込んで支援する詐欺。

若者のうつ病は甘えではないのです。

このまま詐欺師たちに

追い込まれて

うつ病ということで辛い若者が
躁うつ病になったりして

体調が悪くなるのが続き

うつ病の若者が退職に追い込まれます。

 

うつ病には怠けの

イメージがあります。

 

境界があるのかといえば
ないです。

 

このまま体調が悪くなるのが続くと

うつ病という人たちは顔つきが

おかしいことになります。
顔色も不健康な顔色に変わり。

 

非定型うつ病、新型うつ病という

名称もただのクズ話です。

 

うつ病の若者。周囲がすることは?

うつ病と自分で言う人がいたら

その人は詐欺で薬害と知らずに

うつ病と思っています。

 

周囲も迷惑でしょうが。

まずは被害者本人がしっかりと

自覚するのが必要です。

 

うつ病の症状は薬物中毒者。

 

本人が精神科医や臨床心理士と決別をし

実際に行動をしているのを見て

支援する、

励ます、応援する。

治るには

実際に行動がないと

治らないですから。