うつ病の割合の闇。自作自演。

うつ病は精神科・心療内科の薬でなる。

成分があの危険な粉と同じ。

 

僕もそうだった

 

うつ病に関連した割合といった数字は

 

参考にはならないことを

 

知らないままだった。

 

 

彼らも当時は同様に苦しい日々だった。

 

 

厚生労働省の数字はあてにならない。日本の闇。

うつ病に関する割合。

 

うつ病になる割合や

 

復帰をする割合など。

 

これら厚生労働省の前提となるものを

 

見直しましょう。

 

 

 

うつ病は抗うつ薬などを使うとなるもの。

 

病院やクリニックの受診する前までのは

 

うつ病ではありません。

 

 

ここまでは

 

落ち込んでいる。

 

不愉快。

 

気分が悪いなど。

 

感情です。

 

 

この後に

 

精神科医の治療でうつ病になります。

 

 

 

つまりもともとは0%。

 

そしてうつ病から社会復帰をした割合。

 

 

社会人も気になる話でしょう。

 

これもアレを使い運がよく

 

寛解したというもの。

 

 

当然のことで

 

しばらくするときれることになります。

 

再発するのです。

 

 

 

大企業などでもメンタルヘルス対策を

 

本当にするのならば

 

精神科医や臨床心理士がいれば

 

早めに追い出すことをおすすめします。

 

 

うつ病の割合が増える一方で

 

減らない現実があります。

 

それもそのはずです。

 

 

職場環境の改善をする。

 

待遇をよくする。

 

精神科医に支払っていたお金の無駄遣いを

 

社員たちのために使うなど。

 

やり方を変える必要があります。

 

 

 

サラリーマンは

 

会社側が変わらない場合は

 

早めに退職、転職をすることです。

 

 

世界では?会社も見直しを。仕事に支障がでないためにも。

世界では先進国は特に

 

向精神薬は売れなくなっています。

 

製薬会社にしてみれば

 

在庫を抱えている状況です。

 

 

売りたいのです。

 

日本はちょうどいい場所なのです。

 

 

国民皆保険制度もあり。

 

 

 

環境といえば

 

例えば教師や看護師のうつ病。

 

他にもSEもですが。

 

これらは部活動があったり

 

教員の仕事とは関係のないことが多くあります。

 

看護師は夜勤があり

 

大変な仕事です。

 

 

十分な休みがない。

 

そして仕事量が明らかに多い。

 

 

人員を増やすことが解決策です。

 

 

そしてうつ病とは

 

あれの使用者そのもの。

 

大変危険な状態です。

 

 

あなたもニュースで

 

手錠をした人をみるときがあるでしょう。

 

同じです。

 

そしてあれを使って

 

もしもなにかしてしまったら?

 

それこそ顧客を失うことになります。

 

 

高校生に高齢者まで餌食に。

被害では高校生や高齢者にまで広がっています。

 

躁うつ病というものも

 

あの「白い粉」を使うとなるのが普通です。

 

 

そして飲み続けていると
癌にもなり。

 

 

精神科・心療内科の医師はクズです。

 

 

児童精神科で子供たちにも。

 

脳にダメージを負い破壊される。

 

 

知的障害者になる危険もあります。

 

 

うつ病も発達障害も自作自演。