うつ病、やる気が出ない。抗うつ薬が原因の闇。

うつ病になるのもやる気が出ないのも
実は覚せい剤・麻薬の抗うつ薬など向精神薬でなることです。

最初にある問題の解決。
そこに抗うつ薬で薬物依存症でその治療も必要です。

躁うつ病も依存症のことです。

 

まず落ち込みがありますが
これは嫌なことがあるからあるネガティブな感情。

問題をなくすとなくなります。

しかし精神科医・心療内科の受診をしてしまい
治療で抗うつ薬(抗うつ剤)、向精神薬を飲むと
発症をするのがうつ病です。

 

うつ病の回復は精神科医や
心理カウンセラーのカウンセリングの治療を
受けている限りは治りません。

 

抗うつ薬をして最初は気分がよくなります。

これは気分が落ち込みがあるときにして
気分がハイになるからです。

その後は耐性ができて

気分が下がります。

 

これでうつ病の原因で発症をします。

 

次にあるのは

「うつ病だからやる気を出す薬が欲しいです。」

 

精神科医は強さがより強い抗うつ薬の処方をします。

または追加をします。

 

しかしまたしばらくすると気分が下がります。

「うつ病だ・・・やる気を出すのにクスリが欲しい。」

 

これは薬物依存症のことです。

うつ病もやる気が出ないのも薬で。

 

そうすると?

うつ病が治るにもやる気ある状態を回復するには
精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングを

クズでお金の無駄遣いと認識をして

実際に行動をすることです。

 

自分によわさがあると

精神科医や心理カウンセラーのカウンセリング
精神科・心療内科の職員たちを信じてしまう。

詐欺師たちを信じないこと、行動をすることです。

 

うつ病は依存症。
やる気ないのは疲れている違いです。

うつ病が治る、やる気を出す方法はあります。

しかし行動をしないとうつ病は治らないです。

やる気ないのも悪化を続けるだけです。

 

やりますか?

うつ病が治すそしてやる気ある状態にするのか。
そのまま死亡するのか?殺されるのか?

 

うつ病といってはクスリでやる気スイッチを押しても
当然一時的です。

その後は禁断症状で苦しむことになります。

 

精神科医のするうつ病でやる気を起こす方法は間違いです。

うつ病にしておいてやる気の出し方がある、
だからおクスリで治しましょう。
改善する?

 

加害者のところに行っているのです。

加害者に行っていては治らないのです。

 

 

うつ病、やる気が出ない。自信をなくす。

うつ病、やる気がでない、そして自信がない。

または躁病、
躁うつ病、双極性障害になって自信過剰になる。

ラりっているままで

体が動けないので

仕事ができない

勉強ができない

家事、家庭のことができない。

頭がうまく考えられない。

周囲ともめる

家族との関係の悪化。

 

そして自信をなくす。

薬害です。

 

うつ病での自信喪失から回復してやる気をつけるには

精神科医や心理カウンセラーにかかわるのをやめることからです。

 

もちろん断薬をすればいいわけではないです。

修行、鍛錬も必要です。

 

向精神薬で自信をなくす。

自信がないので仕事もうまくいかない。

 

心理カウンセラーもクスリへ誘導するだけのクズ。

この悪循環は精神科医と心理カウンセラーが原因です。

 

 

うつ病、やる気が出ない。似非医療が原因。

うつ病にやる気が出ない。
そして自信を取り戻すこと。
そもそもうつ病もやる気がないのもやらせの似非医療が原因。

そして自信がない状態や自信過剰の状態。

うつ病や躁うつ病、双極性障害、統合失調症、精神病になり。

 

精神科・心療内科などサイトでうつ病のチェックリストをして
精神科医、
またはその前に心理カウンセラーに誘導されて。

これで状態が重くなり続けます。
いつまでたってもです。

そうすると嫌になってきます。

自分が情けなくなります。
そして自信喪失をします。

 

うつ病、統合失調症、双極性障害、躁うつ病など
精神病は作られたものです。

 

体調が回復して体が自由に動くようにして。
自信を取り戻す。

うつ病とは存在しないものです。
向精神薬を売るための名称です。

 

自信喪失をするのも向精神薬が原因でなります。
これでは仕事もできないのです。

 

 

まとめ うつ病、やる気が出ない。

うつ病、やる気がでない。
詐欺です。

そして自信がない。

けどどうにかしてうつ病を克服したい。

やる気も回復して。

自信を持つには困難を乗り越えること。

この試練を乗り越える。