うつ病で痩せる。覚せい剤・麻薬の抗うつ薬で。そのまま終わりになるだけ。

うつ病で痩せることの原因は抗うつ薬です。
抗うつ薬というものは成分が覚せい剤・麻薬とまったく同じです。

そしてうつ病で痩せるのはなぜなのか?
これがわからない人たち。
はぐらかされてしまっています。

睡眠薬(睡眠安定剤)、精神安定剤、抗不安薬
これらも麻薬そのものです。

うつ病で痩せる。

 

向精神薬漬けにすることで
定期的に患者がきては騙し続ける。
お金が儲かり続ける。

臨床心理士も共犯者で
クスリでうまく考えられない人たちをだまして
助言をするふり、悩みを解決するふりをする。
しかし実際にはわからないので
でたらめをそれっぽくふるまって言っては
精神科医の薬を飲み続けるのが治すのに

必要な治療と話をもっていくだけです。

そして薬物中毒者でうつ病ということにされて痩せる。

 

うつ病で痩せる。薬物の過剰摂取で早死に・死亡。

お金の無駄遣いでありうつ病はないのです。
薬害で痩せる
こうしたクズが原因で薬物の過剰摂取で早死に、死亡することになります。
これが精神科・心療内科のしていることです。
結局はこうしてあそこで知り合った人たちは死んでいきました。

 

精神科医の治療では
気分が落ち込んでいる人に治るといっては
覚せい剤・麻薬を使い気分をハイにして上げるのです。
落ち着きがなければ麻薬でダウンさせる下げるのです。

うつ病になるのも痩せるのも薬が原因です。

 

最初だけはこれでなんとかなっても
ヤクは必ずきれます。
その後はクスリの追加をする。
強さを強いのにかえる。

これだけです。

うつ病ということで痩せるのはまだいいほうです。

うつ病、統合失調症、パニック障害、不安症、不安障害など
精神病の特徴は依存症。

うつ病で痩せる理由はこういった詐欺が原因です。

 

うつ病で痩せる。クズたちが嘘に嘘を重ねて。

また太ることも大変多いです。

うつ病で痩せるにどうしたらいいのか?
みんな悩んでいます。
しかし運動をするといっても
クスリで体が動けない。
働けない。

 

うつ病で痩せるのもですが

食欲の増加もする。
食べ過ぎる。
暴飲暴食をしてしまう。

 

そんなあなたに

「運動不足かもしれないから運動をしましょう。」
「食べるのを減らしましょう。」

 

精神科医も臨床心理士も
精神科・心療内科の職員たちも福祉士、精神医療福祉士、看護師など
こういった助言をするのですが
そもそもがこういったクズたちが原因です。

クズが嘘に嘘を重ねているのです。

 

うつ病で痩せる。自分自身も改める。クズたちとは決別を。

うつ病で太るけど痩せる方法は
こういったクズたちと決別が必要です。

それに自分自身の堕落。
言い訳。

 

大変ですが。

 

精神科・心療内科・デイケアでは
うつ病、統合失調症、精神病、不安症、不安障害という人たちが

痩せるか太るかして

太るので痩せるので

 

太るので
何キロ痩せた?
といった会話もありました。
しかし女性はこういった話題は避けることが多かったです。

太るので自信を失う。
体調も悪い。
物忘れがひどい、記憶力も低下する。

 

クズたちが原因で
みじめ、情けなくなるのです。

 

実際に最初は痩せていた人たち
健康だった人たちが見る見るうちに頭がおかしくなることが
通常のこととして起こっていました。

 

またうつ病がひどいから食べられない。
だから入院をする。
こういった被害も多かったです。

 

まとめ うつ病で痩せる。

顔つきもおかしい。
男性も女性も辛い。
疲れている。

うつ病で痩せる。
うつ病で太る。

 

これは薬害です。
何かの痩せる病気ではありません。

仮面うつ病といった名称も忘れましょう。
らりっているのです。
うつ病の症状は薬物依存症。

 

うつ病と診断をうけてから体調が悪くなる。
ストレスだったのが。

 

そしてそのまま向精神薬漬けでいると

20代で始めると50代になると
病気になる。
肝臓病、腎臓病、癌、認知症、アルツハイマー病、糖尿病、
死亡します。早死にする。