うつ病の増加。麻薬の抗うつ薬を売るだけ。らりってしまい人生が台無しに。

うつ病の増加は精神科・心療内科の詐欺が原因です。
うつ病の増加が
グラフなどでわかるもので
厚生労働省のほうでもうつ病の増加がわかります。
こうしてうつ病の増加率については
おかしいのと疑問に思うのが普通です。

精神科・心療内科の増加に比例をして
うつ病の増加。

うつ病の増加理由は精神科医や臨床心理士のカウンセリング。
製薬会社などの儲けのためです。

抗うつ薬など向精神薬
薬を売るだけであとは薬物依存症にして

精神科・心療内科・デイケアからでられなくするのです。

 

うつ病の増加。覚せい剤・麻薬を問題を抱えている人に飲ませるだけ。

問題を抱えて困っている辛い人たちを
騙しては向精神薬漬けにします。
成分が覚せい剤・麻薬です。

睡眠薬、睡眠導入剤
精神安定剤、抗不安薬も麻薬。

 

定期的に受診をする患者たち。
そのたびに支払いは保険でする。

自立支援医療制度も使うと
さらに窓口での負担が減ります。
税金からです。

 

うつ病が増加する理由はこうした詐欺があるからです。
非常に大規模な詐欺です。

 

精神障碍者、精神病の患者。
つくられた病気、障害です。

 

さらに
働けない、仕事ができない、
動けない、

障害年金の受給に追い込むのです。
さらに
生活保護の受給者の増加もです。

グループホームへの入居をさせて
は儲ける。

 

グループホームの経営は病院・クリニックが経営し。

自作自演なのです。

 

うつ病の増加。コロナ詐欺。

うつ病が増加する背景にはこうした詐欺があります。

精神科・心療内科は税金泥棒です。

うつ病が増加傾向なのはおかしいと思うのが普通のことです。

治療も治るといっては悪化をさせるだけです。

うつ病の増加がコロナでというのも

新たなマーケットを作り出すためです。

 

心の風邪というキャンペーンと同様に

非常に危険なことです。

 

コロナ風邪で

辛いことがある。

状況も。

しかしここで覚せい剤・麻薬を飲んで治る?

いいえ。

らりって薬物依存症になるのです。

 

最初は一時的には楽になったとしても

その後はヤクがきれます。

頭がおかしくなるのです。

 

うつ病の増加。精神科・心療内科は税金泥棒。

若者のうつ病が増加は不景気にブラック企業。

これは景気がよくなる、景気の改善するのが直る、治るのにいいのです。

しかしらりっても景気がよくなることはありません。

こうして精神科医のクズが原因で

依存症になります。

症状を抑えるためと

改善するからと

薬の追加。
強さが強いのに変える、変更する。

でもこれは
禁断症状を抑えることを意味しています。

廃人にもなってしまいます。

 

鬱病の増加は自作自演。

うつ病は昔はなかった。

こう思う人もいるでしょう。

うつ病ではなくて

体調不良で様子がおかしいことです。

脳もだらしがないと
悪くなります。

しかしこうしてうつ病といわれているものと違いは

薬物依存症です。

違うものです。

 

うつ病の増加。自作自演のやらせ。

うつ病の患者数が日本で増加しているのは

製薬会社が薬を売るためです。
そして心の風邪キャンペーンをして
テレビ、新聞のスポンサーになり。
そこに精神科医や臨床心理士も共犯です。
行政にも入り込んで。

 

うつ病になると生涯にわたって騙され続けていると
向精神薬漬けで

向精神薬を飲み続けると

死亡をします。

早死にすることになります。

 

世界でみれば
アメリカでは向精神薬が原因でうつ病?
頭がおかしくなるので犯罪をおこす例も多数あります。

そして日本でも。

 

年齢別では

高齢者の被害者。
廃人にされる。
子供たちも。
中学生、高校生、大学生、
小学生に幼稚園児まで。

 

うつ病という名の薬害は
統計では治ったというのも
寛解するからというのも
らりっているだけです。

セロトニン仮説も存在しない。

 

まとめ うつ病の増加。

うつ病の増加は業界の自作自演です。

詐欺で食欲の増加。
太る。体重の増加。
物忘れがひどいなど。

この段階で

ここで自覚をすることをおすすめします。

手遅れになると
認知症、薬で無意識に自殺、
肝臓病。腎臓病、癌、
早死に。死亡。