薬でうつ病になる!頭痛も吐き気も!詐欺!

うつ病も頭痛も薬害です。
「白い粉」と同じ成分の抗うつ薬。

しているから治らないのです。

原因は別にあります。

 

そこへあれを処方して気分を上げる。

 

そしてなるのはあの状態。

 

 

こうして治し方と自称しては

 

被害者を作り続けている。

 

 

実際に自分が見たのは事件を起こして

 

 

逮捕された人たちもいました。

 

 

 

ニュースにも彼らは容疑者と報道され

 

 

警察に逮捕をされて

 

前科がついて。

 

 

もう社会復帰はできません。

 

 

 

うつ病に頭痛がひどい。治療で。

 

今思いだすと

 

あのままほっといたら

 

自分も命を落としていただろう。

 

 

 

薬害によってうつ病になる。

 

被害の一つが頭痛がひどい。

 

吐き気もあります。

 

 

大がかりな詐欺。

 

 

うつ病にもさせられて頭痛がする。

 

 

ロキソニンを飲んでしまう。

 

うつ病に頭痛

 

めまいもして。

 

 

 

みんな被害を訴えていた。

 

「うつ病だ頭痛がひどい。めまいもしてわけがわからない。」

 

「うつ病も頭痛も治らない。」

 

 

みんな知らずに精神科医に相談すると

 

「おクスリをお出しします。」

 

毎日向精神薬漬け。

 

 

 

臨床心理士のカウンセリングで

 

うつ病や頭痛のことの相談をしても

 

助言は

 

「先生に相談してください。」

 

 

それをいうだけで

 

高いお金の請求をしていた

 

 

クズ。

 

お金の無駄遣いとしかいいようがない。

 

 

うつ病で頭痛がしても対処法は

 

精神科医は

 

「おクスリをお出しします。」

 

 

 

自分もバカだった。

 

冷静になるとわかるのが

 

 

セロトニン仮説も存在しない作り話。

 

 

「うつ病だ。」

 

「頭痛がする。」

 

「疲れた。」

 

 

みんなふらふらしていた。

 

 

頭痛への対策は

 

こうしたのが詐欺と自覚することが

 

最初の第一歩。

 

 

この薬害と別に

 

 

元もとあるのは

 

 

治す方法は別にある。

 

 

 

治療で発症。治らないままで。めまいもあり。前頭部もつらかった。

 

しかし治療法で間違えてしまうのは

 

クスリをやめるだけで治ると間違えること。

 

 

これとは別なのです。

 

 

 

これはものすごく地道な作業になります。

 

 

努力が必要で

 

自身の嫌な面もみて。

 

 

うつ病も頭痛も原因は向精神薬。

 

 

 

飲み続けるのは危険です。

 

 

こうした精神医療

 

薬を売るだけです。

 

 

うつ病にもなり

 

 

それに加えて頭痛も。

 

 

 

鬱病の原因は薬害。甘えを捨ててすれば完治できる。

 

鬱病はあれの状態。

 

人の弱みにつけこんだ詐欺。

 

前頭部の痛みもひどかった。

 

 

 

そして

 

当然治し方は別にある。

 

 

 

当時は僕もだったが

 

仲間たちには甘えがあった。

 

しかしここで考えを改めた。

 

 

 

例としては、

 

景気が悪くて仕事がない場合。

 

仕事がなくて物事がうまくいかないので

 

落ち込んでいる人がいます。

 

 

そういった人たちの

 

問題を解決するには

 

景気の回復がすることです。

 

 

こういった詐欺師たちが

 

景気をよくすることはできないです。

 

 

 

できないことをできると

 

ホラを吹いているのです。

 

 

 

そして困っている人たちを

 

らりった状態にするだけ。

 

 

 

そしてうつ病になる。

 

頭痛もして。

 

 

思考能力が低下して

 

考えられないから

 

うまく考えられない。

 

 

カウンセラーが悩みを聞きますとだます。

 

 

 

そして

 

薬で体調が悪いのを

 

症状が進行しているから

 

治療で改善する。

 

と話をすり替える。

 

 

 

詐欺行為です。

 

国民の血税である社会福祉を食い物にして

 

裕福な生活をして

 

弱者や貧困者を助けるフリをして

 

利用をしている。

 

 

弱者ビジネス、貧困ビジネスです。

 

 

うつ病から人生のやり直しには逆効果で詐欺。

 

 

治し方を間違えるとどうなる?あの特徴は廃人。

 

彼らたちはうつ病があると思い込み

 

精神科医の対処法を信じていました。

 

 

しかし彼らのように

 

間違えると死亡をします。

 

 

 

例えば一例をあげると

 

僕が完治後にあった

 

彼は

 

 

もう廃人そのものだった。

 

 

いくら話しても

 

「うつ病は詐欺だったのか。」

 

「みんなおかしくなって死んだよね。」

 

 

しかし次には

 

 

うつ病だから

 

先生の診察を受けると言っていた。

 

 

 

もはやここまでくると無理としか言えないです。

 

 

 

この状態まできてしまうと

 

 

他の人たちにできることはもはやないです。

 

 

あきらめたほうがよいでしょう。

 

 

 

危害を加えられる可能性があります。

 

 

周囲の人たちが

 

事件に巻き込まれてしまって

 

命を落とすこともあり得ます。

 

 

 

残念ながら

 

あきらめるのが賢明な選択です。

 

 

 

手遅れになる前に

 

うつ病で頭痛がする状態で済んでいるうちに。