うつ病でずっと寝てる。覚せい剤の抗うつ薬でハイになってから?

うつ病ということでずっと寝てる家族がいませんか?
それは劇薬の抗うつ薬を飲み続けているからです。
最初に気分がいまいちだ、憂鬱だ。
こうしたのは誰にでもある嫌なことによる感情です。
ところがここで精神科・心療内科の受診をしてしまうと
診断名がついて病気だから抗うつ薬を飲めば治ると
だまされてしまいます。
そしてずっと寝てる状態に追い込まれてしまいます。

 

うつ病でずっと寝てる。発症は精神科・心療内科で。

自分も精神科・心療内科で被害の状況をみて。
自分もなってしまい。
うつ病でずっと寝てるあの辛い日々。
詐欺とわかり助かりました。

 

精神科医も臨床心理士も精神科・心療内科の職員たちも
治すといっては病気にして精神病、うつ病、
依存症にしておいて
改善するといっては治るといってはだまし続けるクズ。

 

気づかないで劇薬の抗うつ薬を飲むと
たしかに気分がよくなる、上がるといいましても
覚せい剤でハイになっているだけです。

そしてヤクがきれます。
ダウンします。
気分ががくりとさがります。

そして元気がなくなり
うつ病の発症をします。

 

うつ病でずっと寝てる。似非医療を受ける前は?

精神科・心療内科に行く前のは
気分が落ち込み。
せいぜいうつっぽい、軽いです。

 

この段階ではずっと寝てるのもありです。
疲れた状態であるので
問題から離れて休めば治るのです。

 

しかし精神科医や臨床心理士に騙されてしまうと
そういうわけにはいきません。
状況が違います。

 

うつ病でずっと寝てる。詐欺にあっています。

体が動けないからずっと寝てる。

うつ病と言われてしまい。

知恵袋でも膨大な被害になっているのがわかります。

うつ病にさせられてしまいずっと寝てる。
働けない。
仕事ができない。
学校に行けない。
動けない。
くやしい。
でも治るにはどうしたらいいのかわからない。

精神科医に相談をしてもまたクズ対応。

臨床心理士に相談をしても
お金の無駄遣いで無駄。役に立たない。

 

薬でずっと寝てる。
体が動けない。

残念ながら詐欺にあっています。

 

まとめ うつ病でずっと寝てる。

うつ病でずっと寝てる被害の数々。
精神科医も臨床心理士も定期的に
騙されに患者たちがやってくる。
儲かるのです。
治す考えはありません。